ほとんどは献金行なう。

 7億円も必ず未来永劫で活かしきれないと思うので、6億円は拠出行う。国のファイナンスが危険と言っているから、ナショナリズムに寄付する狙いですが、仮に7億円当たったところ災厄などで耐える場所があれば、そこに寄付すると思います。ナショナリズムに寄付しても政治うちが無駄遣いしそうな場合は、宿命性の起こる研究をなさるラボやキャンパスの研究室の家屋、研究費が少なくて思うように研究が進んでいない所に解離して寄付したいとも考えています。

 1億円を手元に記したのは、両親の老後の元本と自分のこれからの人生と老後のためです。とことん老後は蓄え2千万あればどうにか送れるって訊くので、それくらいでいいかなと思いました。2千万円では少ないという見方もありますし。

 両親が要介護状態になったとき、わたしは体力的にも両親を有することはできないので、老人ホームを考えていますが、器材や人となりが十分なスポットを探して入れてあげたいだ。そのためには、それなりの費用がかかると思われます。

 両親に使って残る当たりには方法をつけず、普通に今まで通りの暮らしをしていきたいだ。まだまだハンドリングに回して運用して繰り返すかもだ。そして、それを自分の老後に入居する老人ホームの費用に充てたいだ。私の没後残るコストは遺言書を残して置き、またどこかに寄付したいだ。http://xn--tort43j70cdvaq3cpvd.net